ニュース

🎥 ユーチューブ「一宮観光チャンネル」に【一宮繊維のちから】葛利毛織工業編、中外国島編がアップされました!!尾州の魅力を是非、ご覧ください!!!

2018.10.30
カテゴリー : ニュース

尾州とは
ファッション好きなら一度は聞いたことがある「尾州織物」。一宮市周辺に位置する尾州産地は織物の一大産地で、毛織物では全国生産量の80%を占める。品質の良さから名だたる世界のトップブランドからも認められていますが、一般の方には少し馴染みが薄いかもしれません。
尾州産地には、糸から織物に至る全工程が結集しているのが最大の特徴で、それぞれの専門を分業、協力して生産する構造が出来ていて、日々、魅力的な素材を開発し続けています。近年は日本製や地場産業への再注目もある一方、技術者の高齢化など存続が危ぶまれているのものの、ファッションに魅力を感じる若者達が、ここ尾州産地にあつまりつつあります。
糸に始まり、織物、編み物、仕上げ加工までそれぞれの工程ごとに、多種多様なものづくりの技があります。毛織物と言っても実にさまざまで、尾州の素材を一口に語ることはできません。実直な男性服素材、カラフルな女性服素材などなど、各ジャンルそれぞれに奥が深く、沢山の種類のテキスタイルがあるところが、【尾州】の面白いところであり、技術の高さであり、魅力となっています。

尾州マーク
上記に掲載している「尾州マーク」、尾州というテキスタイルブランドを発信するために設けられました。一目で尾州産のテキスタイルであることがわかるようにデザインされたマークです。織布、編立及び整理加工の2工程が尾州産地で行われたものであること、尾州産地の技術的優位性を活かして製造されたものであること、またものづくりのストーリーが喚起される製品であること、これらがマーク認証の条件となっています。
長い歴史の中で育まれてきた最高級品質、時代を映し進化し続けるスタイルは、創造へのポテンシャルを高めます。尾州マークは、様々な価値を体現する多様性ある尾州産地の象徴でもあります。

葛利毛織工業株式会社
そんな、尾州産地の中で、今回は葛利毛織工業さんをご紹介するプロモーション動画を製作しました。尾州織物工場として大正元年に創業し、現在に至ります。多品種少量生産で国産最高級ウーステッドを製織し、世界に誇り得る商品を目指して、手造りとも言うべき製品を吟味して市場に送り出すことに日々専心しいる、そんな企業さんです。
昭和初期に製造されたスロー織機「ションヘル」を使い、1反づつ丁寧に仕上げていく仕事は、正に職人さんの手仕事、技術の高さに驚かされます。そんな技術に魅了された若者たちが、訪れるのも納得ですね。グループでの工場見学も受入ていただけるそうなので、一度、ご相談してみてください。↓詳しくは下の画像をタップ(一宮観光チャンネル)

企業:葛利毛織工業 株式会社
所在地/一宮市木曽川町玉ノ井宮前1
TEL/0586-87-3323
Mail/kuzuri@ninus.ocn.ne.jp

中外国島株式会社
更に、尾州で最も古い歴史を持つ毛織物メーカーの中外国島さんをご紹介するプロモーション動画。中外国島さんは、嘉永3年(1850)創業の老舗織物メーカー。尾州産地内と上海とに自社の生産拠点を持ち、紳士・婦人服地(及び、服)の企画・生産・販売、欧米各国への輸出、更には自動車用シート地の生産も行っています。
主力商品は紳士スーツ・婦人アウター向けなどの毛織物ですが、ウールと他素材との交織織物も得意とされていています。ストレッチ性など機能面での特性を出した生地づくりも行っています。織物の生産管理・品質管理には独自のプログラムを用いており、高品質な商品を実現しつづけています。↓詳しくは下の画像をタップしてください「一宮観光チャンネル」へ・・・

企業:中外国島 株式会社
所在地/一宮市大和町馬引字焼野48番地
TEL/0586-45-0181(代表)

こちらも是非!!!「中外国島CONCEPT TAILOR in Re-TAiL ~良い生地は、良い人生を創る~」
中外国島CONCEPT TAILORは、中外国島さんが手掛ける、テイラーです。良い生地を楽しみながら洋服に仕立てる空間として誕生。紳士服の始祖とされる“ジョージ・ブライアン・ブランメル”のダンディズムの思想を礎に、現在までの紳士服の潮流をベクトルとして捉える事で、新しいトラディショナルを創造しています。是非、ご来店ください

場所/一宮市栄4-5-11 Re-TAiL(Room:2-G)
営業時間/10:00-18:00(18-20時は予約制)
休日/月曜日
Web/www.ckktex.co.jp
Tel/0586-58-8767