ニュース

今年も一年お世話になりました。初詣は一宮市内の神社から~「真清田神社」「服織神社」「賀茂神社」でお参りしてみませんか!!!きっと良い年になりますよ☺

2018.12.25
カテゴリー : ニュース

真清田神社 ~~~ 一宮市の中心市街地に鎮座する尾張国一之宮!!!

概要/

創建は神代の時代と云われ、ご祭神は「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」の孫神「天火明命(あめのほあかりのみこと)」です。平安時代から国幣の名神大社と認められ「尾張一宮」と称されて、国司をはじめ多くの人々に崇敬を集めてきました。

毎年4月3日に例祭として執り行われる「桃花祭(とうかさい)」は室町時代から続く春の大祭と云われ、神社前の広場には、西車と東車の山車が飾られ、神さまの分身を乗せた神輿、献馬、多くの人々が、1キロ先の御旅所(おたびしょ)までを五穀豊穣を祈りながら行進します。この時、献馬に飾られる馬具が宝物館に展示されています。

住所/一宮市真清田1-2-1

御利益/開運招福、厄除け、家族円満、五穀豊穣など

駐車場/あり

その他/

境内に併設される宝物館には様々な重要文化財、織田信長が切り取ったとされる「蘭奢待(らんじゃたい)」などが収蔵されてます。他にも、平安時代に弘法大師が雨乞いを祈願した際に現れた八頭八尾の龍をイメージした吐水龍のある手水舎、白川天皇のご病気を治したと云われる霊水が湧き出る神水舎、なんと、霊水はペットボトルに入れて持ち帰れます。写真は吐水龍の写真です。

 

服織神社 ~~~ 真清田神社の境内にある縁結びの神社💛💛💛

概要/

1965年に真清田神社の摂社として創建された服織神社。真清田神社の境内にあり、織物の神さまと云われる「萬幡豊秋津師比賣命(よろずはたとよあきつりひめのみこと)がお祀りされています。この地域は昔から米作りと繊維産業が盛んな土地で、真清田神社の「天火明命(あめのほあかりのみこと)」と併せて、地域の人々から篤い信仰を集めています。ちなみに「萬幡豊秋津師比賣命(よろずはたとよあきつりひめのみこと)」は別名を「棚機姫神(たなばたひめのかみ)」と呼ばれ、七夕伝説の「織姫」と云われています。そのため「縁結びの神様」としても有名で、最近では恋愛・縁結びのパワースポットとして、若い女性がお参りする姿をよく見かけます。

場所/一宮市真清田1-2-1  ※JR・名鉄一宮駅より徒歩8分

御利益/芸能・職業・技術、恋愛・良縁など

駐車場/あり

その他/

毎年7月末の日曜日には、「一宮七夕まつり」が行われています。このお祭りは日本三大七夕まつりとして、全国的に有名で100万人を超える賑わいがあります。神社はもちろん駅周辺の商店街も含め、街中が七夕一色になり様々なイベントが催され、1年で一番活気のある日と云われています。

下の写真は、服織神社の拝殿にある縁結びの紅い糸の写真です。縁活、恋活、婚活・・・縁結びのお参りの際には、是非、「紅い糸むすび」で願いを叶えてください。

 

賀茂神社 ~~~ 木曽川エリアの初詣スポット!!!

概要/

創建は欽明天皇の代と云われる歴史のある神社です。ご祭神は「玉依姫命(たまよりびめ)」とされ、神武天皇(初代天皇)の母として知られています。境内に湧き出る清水は「玉ノ井霊泉」と呼ばれ、この周辺の地名「玉ノ井」の由来となっています。

場所/一宮市木曽川町玉ノ井穴太部4

御利益/良縁・縁結び、子宝・安産、家内安全

駐車場/なし

その他/

境内に湧き出る「玉ノ井の霊泉」は聖武天皇の皇后である光明皇后の目の病気を平癒させたといわれていて、現在でも眼病平癒のお参りをされる方が絶えないそうです。社頭掲示板には授与品の見本が掲示されていますが、ひときわ目を引くのがマスコットキャラクター「あおいちゃん」、拝殿の横にもいるので記念にパシャリ!!

いかがでしたか?初詣におススメの3つの神社についてご紹介しました。お参りの参考にして頂ければ幸いです。